スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式。

週末また結婚式に行きました
また結婚したい病再発です・・・

kekkonnsiki.jpg




この熱も一週間程度で冷めるのでしょうが・・
スポンサーサイト

京都最終日。

もう京都旅行から一週間以上経っています…
最終日はと言うと、朝から金閣寺に行きました
金閣寺ってほんと、金ピカなんですなぁあんなにゴージャスな建物を始めて
みましたしきりとおぼっちゃま君を思い出しました・・・

kinnkakuji.jpg


その後は京都御所をぶらりと一周し、(かなり広い…おぼっちゃま君をまた思い出した)
すでにお昼をまわっていたのでまた八時間かけての帰路です
途中無駄にサービスエリアに寄りつつ、地元に到着したのは九時頃
ま、あたしはほどんど寝てたけど・・・

そこからまた新幹線で彼の待つ福岡へ・・
駅で待っててくれたので、そこから自宅マンションまでのんびり歩いて帰りましたとさ

とにかくハードな三日間だったけど、家族や親戚と水いらず、楽しい時間を過ごす事ができました
それと不思議体験もいくつか・・・

旅館の部屋で撮った写真にやたらとオーブ(シャボン玉みたいな玉)が家族みんなの
映り込んだり、私達が舞妓をしている時に兄達があの広い京都でばったりと別行動をしていたイトコと会ったり、夜中寝ている時に足を触られたり…(多分これは寝相の悪い兄のせい?)
明け方急にテレビが付いたり…
ま、今回の旅行はおばあちゃんの納骨の旅だったのであんまり怖いって感じは不思議と
なかったです

今回は彼は仕事のために来られなかったけど、今度は彼も交えて
一緒に贅沢旅行できたらいいな~って思います

京都旅行二日目。

いつもは九時起床の私が七時に寝床から抜け出し朝風呂へ
朝食を済ませ、朝からまた旅館から徒歩で行ける「二条城」へ

またウィキペディアによる調査結果、徳川家康の将軍宣下と、徳川慶喜の大政奉還が行われ、江戸幕府の始まりと終焉の場所…へ~。
こちらもまた内部がすごい事になっています二の丸御殿の中を見物する事ができる
のですが、昔の人ってテレビもねぇ、ラジオもねぇ、ただの畳の部屋で何をして過ごしていたの?
って感じですよ・・・壁や襖に書かれた絵はすばらしいです装飾も細部まで細かくてすばらしいです
でもそれって暇だったから?・・なんて不謹慎

一通り見学した後、私の京都旅行のメインイベント
私の欲望の為、我が家だけ親戚と別行動になったのは言うまでもありません・・
それは・・・・「舞妓コスプレ
京都に行ったら絶対したいって思ってました
色々と調べた結果、口コミ人気のゆめみる夢さん
値段とコスパで妥当だと言うことで・・・。
兄嫁と一緒にいざ、白塗りのバカ殿へ…

まずはトイレを済まし(着物に着替えるとトイレは無理)好きな着物を選びます
兄嫁は鮮やかな赤、私はこれ以上派手な色はないってくらいの水色!

その後、メインのメイクに入ります
最初は前髪、横髪にお相撲さんがするような油を塗り、その後白塗りへ・・
顔全体、首、背中まで真っ白に塗られます
ちょうど混みあってた時間で私はその白塗り状態で放置され、自分の顔を鏡で見るのも辛く、
こんなので可愛らしい舞妓ちゃんになれるのか心配してたらその後、眉毛とアイライン、口紅など
どんどん舞妓ちっくな顔に変身できて一安心

メイクを済ませ、重たい着物を何枚も重ねカツラを被り変身終了~
最初はどうなる事かと心配だったけど、すっかりはんなりと舞妓ちゃんで、も~あきまへんわぁ(笑)
アルバム用の写真撮影をして、いざ京都の町へ!
って、言っても許される時間は50分…写真るだけって感じ
観光の人や外国人にインチキ舞妓の写真を撮られ、ちょっとご満悦
しかし舞妓さんは大変
あんな重い着物に、厚塗りメイク・・あれが毎日となると本当に大変です
私は旅行の記念程度で充分♪

その後は夕方の清水寺へ
ちょうど夕日が沈む時間帯でむちゃくちゃ綺麗かった~

二日目も京都旅行満喫しましたとさ


舞妓



京都旅行初日。

先日の三連休、京都まで旅行に行ってきました人生初京都
私の家族&ワンコと父方の親戚一同、おばあちゃんの納骨を兼ねての旅です
三台の車で京都まで約八時間の旅・・・深夜の三時に出発です
私は兄の車で後部座席を陣取り心地よい揺れを感じながら爆睡し、あっという間に京都に到着です 

到着後、まずは納骨に浄土宗総本山の知恩院へ
まずその門構えにびっくり
圧倒するような大きさと歴史を感じる佇まい…早速京都に来たことを実感です
お経をあげてもらい、お抹茶を頂けるとの事で本堂の中へ・・
国宝だらけの内部に圧倒されつつみんなガチガチになりながらお抹茶を頂きました・・

その後、昼食を済ませ観光へ
旅館にチェックインを済ませ、徒歩で行ける「六角堂」へ
六角の形をしたお寺で、聖徳太子が作ったらしいです、へ~。
京都の中心、へそ石の前で愛を叫びました

そこからまた徒歩で「本能寺」へ
本能寺?本能寺の変は歴史で勉強したけど・・意味はよく知らず(笑)
織田信長が明智光秀に自刃されて、その時信長はこの本能寺に宿泊していたらしい?へ~。
今更ウィキペディアで勉強してるあたし・・だって歴史っていつも赤点ギリギリだったもん
本能寺は既に閉門していて、門の前で記念撮影

そこからまたまた徒歩で錦市場?
こんな街中に市場があるもんだと思いつつ、人混みを抜けていたらいつの間にか終了~。

その後は旅館に戻り、美味しいお食事を食べ広めのお風呂にのんびりと兄嫁と語りながら長湯し、
楽しい一日が終了~

お祝い。

この歳になると、やたらとお祝い事にお金が必要になりますね
結婚のご祝儀、出産祝い・・・確かにおめでたい事なのですが、それが何度も続くと、
正直大変

私は今年だけで4回結婚式、知り合いは三人出産
この先まだまだ増えるのでしょうね…
毎回結婚式に行く度に、「…結婚したい」って思うけど、
その気持ちも一週間程度で冷め、
赤ちゃんを見る度に「…赤ちゃん欲しい」って思うけど、
実際子育てって半端なく大変そうだし。

実際結婚したいって言うより、ウェディングドレス着たいだけかな~
赤ちゃんも可愛いけど、たまにでいいんだよな~
こんなので私大丈夫なのかなって思う・・・

多分近いうちに彼氏のご両親にご挨拶行く事になると思うし、
そうなるとリアルに結婚とか回りが期待しそうで

年明けると私も三十路・・
こんなにのんびりしてる場合じゃないのかなって最近考えるけど、
なんとかなるかなって考えてる
自分達の事だから、なんとかなる訳ないんだけど

なんだか今日はナーバスな気分、
多分・・・お腹が空いてるんだろう。
なんやそれ
09 | 2008/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

RILE

Author:RILE
30歳のアタシと
26歳のカレ。
六畳一間のワンルームでの二人暮らし。
狭いながらも楽しい我が家です。

最新記事
最新コメント
フリーエリア
ウリボー お花キャッチゲーム
おすすめ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。