スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島最終日。

最終日の朝は、お墓参りからスタートでした
家の近くにあるお墓まで向かい、お掃除をして線香を上げてきました。
帰りの飛行機の時間があるので、そのまま一度お土産を買いに空港へ・・・
彼の実家から車で10分ほどの距離なので、先に一通りお土産を買ったあと、
今日はおばあちゃんのおもてなしの日です
おばあちゃんがご馳走を用意して待っててくれました
おばあの島料理・・・今まで食べたこともないような食事がテーブルいっぱいに並んでいました
豚肉料理がメインなんですが、骨まで煮込んだコラーゲンたっぷりの煮物や、
味噌であえたもの、どれも美味しくてこんな美味しい物を食べて育った彼が羨ましく感じました

食事を終えた後は実家の周りをお散歩
いたるところに牛がいます
この島では犬の散歩をするように、牛の散歩をしています・・
散歩してる牛は闘牛用のすごく大きな牛なんですが、中学生位の男の子が普通に牛を引いていて・・・その光景は徳之島ならではあと、道に普通に牛の糞が落ちてますがそれもまた島の雰囲気を盛り立てるもので。。。

あっという間に帰る時刻です
荷物をまとめ、おばあちゃんは汗臭いからと車に乗りたがらず(笑)家の前で送ってくれました
メッセージ入りの寸志を二人にくれて、本当に有難かったです

そしてお別れのとき・・・
空港までお父さんとお母さんが送ってくれて、飛行機に乗り込んでも遠くで手を振っている二人を見て、私は彼の両親はもちろん、おばあちゃん、親戚のみんな、彼の同級生があまりにも優しく温かく接してくれたのを思い出して私は涙が止まりませんでしたその隣で彼も泣いてました(笑)
そこで彼は来年には結婚して、おじいちゃんに子供を見せてあげようねって約束しました・・・
近いうちに彼の両親は私の両親に会いにきて、これからについて話を進めるらしいです。

来年には結婚の予定です


海

スポンサーサイト

島二日目。

二日目は朝からおじいちゃんのお見舞いです
彼がおじいちゃんに会ったのは六年前…その頃は元気に畑仕事をしてたらしいのですが、今は病院で寝たきりです
両親とおばあちゃん、いとこのリナちゃんと六人で行きました
おじいちゃんは話すことも出来ないけど、彼を見て目を潤ませていました私も握手をして挨拶をしました
小さな温かい手で私の手を握り返してくれてくれました。
元気な頃は笑顔を見せる事も少ない気丈なおじいちゃんだったらしいです。涙を見せる事も絶対になかったらしいのですが、孫に会えた事がとても嬉しかったのでしょう
元気なときにお話してみたかったな~って思いました

おじいちゃんの病院を後にして、その後は二人で海へ
誰もいないプライベートビーチ状態
透き通ったエメラルドグリーンの海で二人で大はしゃぎで泳ぎました
二時間程海で遊んだ後、今晩は同級生が集まって飲み会ですとにかくハード…
7時半に家から近くの居酒屋に集合
8時前に到着したら、来てたのは三人…これぞ島時間みんなのんびりしてます

とりあえず、来てるメンバーで飲み会スタート
それから間もなく友達が一人二人と増えていき、最終的には14人も集まってくれました
とにかくみんないい人明るくて優しくて…私は人見知りするから最初は不安だったけど、すぐにみんなと仲良くなるとこが出来ました
こんなに島の同級生が集まるのもかなり久しぶりだったみたいで、それは彼だからこんなに集まったんだよって教えてくれました改めて彼が島で友達を大事にしてて友達に恵まれてたのかを実感しました

その後はカラオケ(と言うかスナック)に行き、二日目も宴で終わったのは3時…でも二日目もとにかく楽しくて幸せな一夜でした

ドラゴンフルーツ

両親に挨拶。

今週の月曜から水曜までお休みを取って、彼の実家、鹿児島の徳之島まで行ってきました
初対面なのに、二泊もお泊りなんて・・・粗相をしないように気をつけなければとドキドキしながら行って来ました

鹿児島で乗り継いで徳之島まで二時間の旅
空港に着いたら彼の両親が迎えに来てくれていました
以前に写真は見せてもらっていたんですが、私がイメージしてた通りの優しくて温かい雰囲気の両親でした
挨拶を済ませ、車に乗って空港から程近いレストランへ・・・
彼ママは予約まで入れておいてくれました
そこで食べたのは『鶏飯』
ご飯の上に鶏肉や卵、椎茸などを乗っけてだし汁をかけて食べる奄美大島の料理です
お腹は空いてなかったのに、ペロリと食べられちゃいました

その後、彼の生まれ育った実家へ
島では親戚の集まりなどが多いので、たくさんの人が入るように玄関から入ってすぐ
広い畳の部屋でした。それとやっぱり南国らしく、庭に鮮やかな花が咲き誇っていました
実家では荷物を置いてすぐに、裏にあるおばあちゃんの家へ・・・
おばあちゃんの印象は、いかにも島のおばあちゃんらしく、明るくて可愛らしい人
久しぶりに会う孫との対面もそこそこに、すぐに私の所にきて握手をして
大喜びしていました

一休みした後、二人で島内観光へ
島は三時間もあれば一周できるほどの小さな島です
闘牛とトライアスロンで有名な島で、オリンピック金メダリストの高橋尚子さんも
島でトレーニングしてたらしく『尚子ロード』と言うものがあります。
起伏が大きいし、人通りも車の通りも少ないからトレーニングには最適なのでしょう
観光スポット『ムシロ瀬』『ソテツトンネル』あと、すっごく綺麗なビーチ
近所を一通り観光しました

その後、夜は宴会です
近所に住む彼の親戚達が大勢集まってまさに『宴』が始まりました
三味線の達人の彼のお父さんが島歌を歌い、おばあちゃんが踊り・・・
絵に描いたようなどんちゃん騒ぎで楽しい夜を過ごしました
親戚のみんなとも少しずつだけどお話して、一日目はあっと言う間に終了しました

海

照明。

ウチには二部屋あるんですが、寝室の方には今まで照明がありませんでした
ずっと黒いシャンデリアを探してたんですが見つからず・・・今に至っていました

ところがやっと、見つかりました
本当はコンランショップに売ってるオランダ人デザイナー“トード・ボーンチェ”のガーランドって照明がほしかったんですけど、ちょっと予算が・・・ってことで手作りです

ソケットが1000円、電球が500円、巻きつけているメタルの飾りが300円×2の600円
トータル2000円ちょっとで出来ました 本物は13000円くらいするのかな?
本物に比べたらボリュームの差がかなりあるけど三畳の狭い部屋なので
この大きさで十分なのです

honnmono.jpg

↑これ本物

raito.jpg

↑これ手作り

raito2.jpg

↑付けるとこんな感じ

パクりものですが、パクりものにしては上出来です
08 | 2009/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

RILE

Author:RILE
30歳のアタシと
26歳のカレ。
六畳一間のワンルームでの二人暮らし。
狭いながらも楽しい我が家です。

最新記事
最新コメント
フリーエリア
ウリボー お花キャッチゲーム
おすすめ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。