スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都旅行二日目。

いつもは九時起床の私が七時に寝床から抜け出し朝風呂へ
朝食を済ませ、朝からまた旅館から徒歩で行ける「二条城」へ

またウィキペディアによる調査結果、徳川家康の将軍宣下と、徳川慶喜の大政奉還が行われ、江戸幕府の始まりと終焉の場所…へ~。
こちらもまた内部がすごい事になっています二の丸御殿の中を見物する事ができる
のですが、昔の人ってテレビもねぇ、ラジオもねぇ、ただの畳の部屋で何をして過ごしていたの?
って感じですよ・・・壁や襖に書かれた絵はすばらしいです装飾も細部まで細かくてすばらしいです
でもそれって暇だったから?・・なんて不謹慎

一通り見学した後、私の京都旅行のメインイベント
私の欲望の為、我が家だけ親戚と別行動になったのは言うまでもありません・・
それは・・・・「舞妓コスプレ
京都に行ったら絶対したいって思ってました
色々と調べた結果、口コミ人気のゆめみる夢さん
値段とコスパで妥当だと言うことで・・・。
兄嫁と一緒にいざ、白塗りのバカ殿へ…

まずはトイレを済まし(着物に着替えるとトイレは無理)好きな着物を選びます
兄嫁は鮮やかな赤、私はこれ以上派手な色はないってくらいの水色!

その後、メインのメイクに入ります
最初は前髪、横髪にお相撲さんがするような油を塗り、その後白塗りへ・・
顔全体、首、背中まで真っ白に塗られます
ちょうど混みあってた時間で私はその白塗り状態で放置され、自分の顔を鏡で見るのも辛く、
こんなので可愛らしい舞妓ちゃんになれるのか心配してたらその後、眉毛とアイライン、口紅など
どんどん舞妓ちっくな顔に変身できて一安心

メイクを済ませ、重たい着物を何枚も重ねカツラを被り変身終了~
最初はどうなる事かと心配だったけど、すっかりはんなりと舞妓ちゃんで、も~あきまへんわぁ(笑)
アルバム用の写真撮影をして、いざ京都の町へ!
って、言っても許される時間は50分…写真るだけって感じ
観光の人や外国人にインチキ舞妓の写真を撮られ、ちょっとご満悦
しかし舞妓さんは大変
あんな重い着物に、厚塗りメイク・・あれが毎日となると本当に大変です
私は旅行の記念程度で充分♪

その後は夕方の清水寺へ
ちょうど夕日が沈む時間帯でむちゃくちゃ綺麗かった~

二日目も京都旅行満喫しましたとさ


舞妓



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

RILE

Author:RILE
30歳のアタシと
26歳のカレ。
六畳一間のワンルームでの二人暮らし。
狭いながらも楽しい我が家です。

最新記事
最新コメント
フリーエリア
ウリボー お花キャッチゲーム
おすすめ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。